東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日のように、布団クリーナーのCMを見ていたら、どうしても欲しくなってしまいました。
私にとっては、はじめての布団クリーナーです。
新しい市場が開拓されたなという感じ。すっかり業者の思惑に乗せられています(笑)


レイコップ、ダイソン、そのほかのメーカー。
半年近く、買うかどうか迷って、大手電気屋さんで展示品を触ったりして…。


つい先日、ダイソンのDC61、ハンディの布団クリーナーを買いました!


ダイソンかレイコップか・・・


UV除菌などの機能が付いている製品もあるし、値段もピンキリだし、ずっと決められず、迷っていました。
決め手は、自分にとっての布団クリーナーへの期待に、優先順位をつけたこと。


だらしない性格で、掃除もろくにしないので、じゅうたんは一年中敷きっぱなしだし、布団もめったに干さない。夏には、だいぶダニに刺されました。恥ずかしい限りですね。
それに、アレルギー鼻炎気味で、ダニの死がいや糞があると思うと、なんだか体中かゆくなってくるような…。


なら、まめに掃除すればいいんですが、やっぱりだらしないので、できない。
思い立った時は、家じゅう水ぶきしたりするんですが、普通の掃除機でじゅうたんを吸っても、髪の毛とか全然取れないし。なので、普通の掃除機では、絶対、ダニとか取れてなかったと思います。実際、掃除した直後も、ダニにすぐ刺されていたし。
布団も、干してたたいても、ダニが死んだのかどうか、よくわからないし、あまり実感もない。やっぱり、ダニに刺されていた気がする。


なので、多機能な布団クリーナーであっても、とにかく、ダニの除去という点で、一点集中型で選ぶことにしました。


吸い取る能力といっても、どれも○%除去など書かれていて、1万円台の安いクリーナーでも1分で90%以上除去など書かれていて、2万円台のレイコップより数値が高い場合も。なので、業者発表の動作能力も、あまり信じられませんでした。


何店か大手家電屋さんをめぐり、操作できる展示品を試してまわりました。
吸い込み口で、いかに布団に振動を与えて、ダニを(?)かき乱して、そして、吸い込むか。


形状的にレイコップの方が安定感があり、使いやすそうでしたが、吸い込み口に自分の手を当ててみて、その吸い込み感から、ダイソンに決定!


12月になって数千円値下げしたそうで、3万円でした。
割安感というよりは…、1年間の自分へのご褒美で、奮発です!


使ってみての感想


個人的には、布団というよりは、じゅうたんが気になっていたので、早速、じゅうたんで試しました。
使い始めて30秒くらい、1メートル四方いかないうちに、ゴミ捨てのMAXラインに到達。


自分の想像をはるかに超える、吸い込み力。
そして、家の汚さ…。
そりゃ、ここで生活していたら、くしゃみとか、せきとか、出るよな…。


ダイソンに大満足です。
幼いころ、母親が使う掃除機を、「貸して貸して!」とせがんで、家じゅうを掃除したくなっていた、あの感覚。
ワクワクと、ドキドキ、爽快感をありがとう、ダイソン。


本体中央に、透明のゴミBOXがあって、MAXラインを超えると、底を開けて捨てないといけないのですが、とにかく、すぐたまります。たぶん、2分おき位に。それは、家が汚いからですが…。


すごいチリです。
普通の掃除機では取れない感じの、明らかにきめ細かい、片栗粉みたいな、うす茶色の粉末。
家電屋さんで展示されていた通りのごみでした。
ただ、1年でこのくらい、と展示されていた量は、1日で軽く超えたと思います。


じゅうたんの上で絡む髪の毛もOK。
掃除した後は、手触りが全然違うし、色もきれいに。
絨毯の毛が立つのか、ごみが除去されたからか、色が鮮やかに変わりました。


こびりついた食べこぼしは、ダメでした。
当たりまえか。


残念なのは、バッテリー時間がとにかく短いこと。


充電に必要な時間は3時間半ですが、10分くらいで、スイッチが止まってしまいます。
スイッチが止まるまでは、フル稼働。
徐々に弱るわけではないので、その点はいいのですが。


あそこも掃除したい、ここもやりたい、と、気分が乗ってきたところで、はしごを外すように、スイッチが止まるのです。
一度スイッチが止まったら、充電するまで、びくとも動きません。


それに、充電コードを指しながらの操作ができないんです。
だから、とにかく待つ。


あるいは、ちょっと充電しては、ちょっと使う。
バッテリーに悪いかもですが…。


それに、ピストル式のトリガーを引く間だけ動く仕組みなので、あちこち広く掃除したいときは、指と手のひら全体が疲れる。
レイコップと違って、床に置いたのを動かすのではなく、本体を持ち上げてますからね。


バッテリーや、ゴミの取れる量、使い勝手のこと、どれを考えても、毎日~週1くらいで、少しずつ、小まめに掃除する人をターゲットにしているのでしょう。思い立ったときに、一気に、あそこもここも、すべてとことん掃除してしまいたい、という人には、バッテリーがすぐ切れる、ゴミを5分も立たずに捨てないといけない、指が付かれるなどの、デメリットが目立ってしまいます。


かといって、普通の掃除機がここまで吸い込んでくれるわけではないですし、ダイソンの通常掃除用の掃除機は倍ぐらいの値段がしますし、今の自分にとっては、最善の選択だったと思います。


ちなみに、6畳くらいのじゅうたんを掃除するだけで、5~6回ごみを捨てないといけなくなり、今後の使用に面倒くささにおいて不安感を感じたことと、あまりにゴミが取れるので、じゅうたんの一部がむしられているのではという疑念を抱きましたが、1週間後に再度じゅうたんを掃除したときは、ほぼゴミがたまらず、じゅうたんむしられてる疑惑も、数分でゴミ捨てを繰り返す疑念も、見事に払しょくされました(笑)
小まめに掃除すれば、ゴミ捨ての手間もかからず、いいんですよね。


せっかくなので、ダイソンに合わせて、自分の掃除スタイルを変えていこうかな・・・(苦笑)

12月の土曜日、沼津にドライブに行ってきました。


なぜか沼津港が、カーナビで出てこず、結局、地図表示から探して…。


テレビでもよく紹介される沼津市。
友達や知人でも沼津に行った人は多く、話は聞いていたけれど、思っていたより、すごくにぎわっていました!


歩いてまわれる範囲に、飲食店やお土産屋さんがぎゅっと詰め込まれていて、1日楽しめる感じ。


まずは、ランチのお店探し。


干物、すし、刺身、天ぷら、唐揚げ…
こうして見てみると、魚料理のバリエーションも多い。


海辺の食事処の海鮮って、海鮮丼みたいなのがオーソドックスだけれど、これだけ食事どころが集まっていると、それぞれ個性を打ち出してくるんだなあという感じ。
目移りします。


そんな中で、今まで食べたことがなかった深海魚ランチに決定。
深海魚ランチも、あちらこちらで出ているので、迷いましたが、値段と想像の美味さで選んで…


水族館斜め前の、「港八十三番地」エリアの「漁師天ぷら とらてん」に決定!
港八十三番地のWEBサイトはこちら


先に書いておきますが、この「港八十三番地」エリアの内、6店舗は、沼津港深海水族館の入場レシートで10%割引になるので、水族館に入る予定の方は、先に水族館に入っておくほうがお得。


私たちは、割引制度を知らなかった&お腹も空いていたので、先に食事をしました。


「とらてん」は、居酒屋風のざっくりした雰囲気。
座る椅子は、丸い缶。
テーブルの土台も、ビールの箱を組み合わせてある、飾らない感じ。


私は、深海魚の天ぷら丼 980円を注文。

ほかにも、桜エビ、生シラス、静岡おでん、串揚げ、諸々ありました。


深海魚天ぷら丼


見た目は、それほどパッとしませんが、これでも魚が3匹載っています。
3匹とも深海魚かどうかはわかりません。。。
天ぷらはサクサクだし、身はフワッフワ。
深海魚の名前はわからないけれど、超おいしかった。
一緒に乗っていたなす、しそも美味でした。
甘辛いたれもたっぷりかかっていて、絶妙。


最後まで、サクサク・フワフワの触感を満喫し、飽きずに食べられました。


付け合わせの、あさりの味噌汁には、大きいあさりが、ゴロッゴロ。
自分で煮るとつい熱を通しすぎて、縮んでしまうけれど、こんなに身が大きいなんて。
1杯の味噌汁に、10殻以上入っていたのでは?
メインになれるくらいの存在感でした。


外食すると、ついつい値段と比べて損した気分になることもありますが、今回はこれで980円とは、かなりお得と大満足しました。


その後、店を出ると目の前にある、沼津港深海水族館へ。
沼津港深海水族館WEBサイトはこちら


ずいぶん話題になっていましたが、見ると、1~2軒の土産物屋くらいの大きさで、とにかく小さい。

え、ここが話題の???

と思いつつ、入場。


沼津港深海水族館パンフ


入場料は大人1600円です。


入ると、壁に埋め込まれた小さな水槽に、深海魚が。
解説がわかりやすくて、好感度UP。


タカアシガニやサメのいる大きな水槽、カーテンをくぐり真っ暗な部屋で中で目が光る魚を見たり。
階段で2階へあがると、シーラカンスと、スケルトンの魚の展示。


シーラカンスで、冷凍展示があるのは、世界でここだけだとか。


普通の土日の内の土曜日の昼過ぎだったのもあって、順番に水槽の解説を読みながらじっくり見てまわれました。
1時間もあれば十分まわれる感じ。


最後にグッズショップを通って出口です。
グッズショップは、一度出口を出てしまうと入れないので、買い忘れに要注意。


その後、お土産においしそうな干物を探してまわりました。

途中、1回30分の遊覧船にも誘われたけれど、あまりに寒い気温で、さすがにお断りしました。


いくつか店を見て回りましたが、干物は高い!
スーパーの方がずっと安い!


でも、おいしいのかなあ…
と未練がましく、手の届きそうで、いつもよりおいしそうな干物を探して…


トイレにも入りたかったので、たくさんのお店が入っている、沼津みなと新鮮館へ。
沼津みなと新鮮館WEBサイトはこちら


そこで、出会いました。
自分の希望とぴったりの、安くておいしい干物屋さんと!


脂アジ、2匹500円。すごく大きくて、これなら買ってもいいかも…でも、普通の大きさでも、5匹で700円くらい、小さめなら1匹100円全然切るなあ・・・見た目で何がお買い得なのか全然わからないなあなどと見ていると、お店のお兄さんがいろいろと解説してくれました。


「スーパーの干物は日にちがたつから薬品を使っている、だから生臭さも出る。これは全然臭わないんですよ」と臭いをかがせてくれました。確かに、全く無臭。目をつぶっていたら、目の前にあることに全く気付かないだろうほど。
毎日、朝2時に、職人さんが捌いているそうです。


それに、沼津のあじは栄養豊富な桜エビを食べているから、脂がたっぷり乗っているんだとか。
「見てみて、白いでしょ」と言われたけれど、干物を見慣れていないからよくわからず。
でも、店頭に並んでいる一番小さなアジでも、脂がのっているということ。


いつもスーパーで1匹100円で買っているくらいの、普通の大きさのアジ5匹セットを購入。
せっかくだからと、一番よさそうなのを選ぶよとお兄さんが選んでくれました。


保冷剤を入れてお店の包装紙でくるんでくれました。
ちなみに、お店は、みとも水産さんです。


早速、自宅に帰ってから焼いてみました。


超おいしい!
スーパーのアジの開きと全然違う!


まず、箸が入る感触が、全然やわらかい。
ほっくりという感じ。
皮がパリパリで香ばしい。
(もちろん、焼き方はスーパーのアジの開きと同じで)
焼いてみて、表面の脂ののりが全然違う。お皿がべたべたになるくらい。
アジ!って味がする。
塩加減は、もう少し薄い方が個人的には好きですが、半身の骨の下の部分が絶妙。


何にしても、最高の干物でした。
そして、値段はスーパーより1匹数十円高いくらい。


お店の人も親切だったし、また行ったら、絶対にリピして買います。


沼津をよくある観光地と、侮るなかれ。
私にしては珍しく、非常に満足しました。


まだまだ店もまわりきれなかったので、また行きたいです。

登呂公園の敷地内にこじんまりと建つ「芹沢銈介(せりざわけいすけ)美術館」。
企画展「ふるさとへの思い ~芹沢銈介の日本」を見に行ってきました。


芹沢銈介美術館の公式ホームページはこちら


住 所:静岡市駿河区登呂5-10-5(静岡駅からバスで約12分「登呂遺跡」下車)
時 間:9:00~16:30
休館日:毎週月曜、祝日の翌日、年末年始ほか
観覧料:一般420円、高校生・大学生250円、小・中学生100円


公園の端に、看板が立っていました。


芹沢銈介美術館入口


門をくぐり、通路を進むと視界が開けて…
庭園が素敵!


芹沢銈介美術館庭園


入口でチケットを購入。
値上げ前だったので、410円です。


芹沢銈介美術館チケット


小部屋のスペースごとに意趣が異なり、飽きずに進んでいけます。


平日だったのもあって、ガラガラ。
他のお客さんは途中ですれ違った数人だけ。


でも、小部屋のスペースごとに監視員がいたので、じーっと見られているようで、ちょっと緊張。


展示は、かなり見ごたえがありました。
美術館は狭そうで、中はかなり広かったです。
410円は安い。


デザインは斬新で懐かしい。
とてもおしゃれで、すべての作品がかわいい。
色合いも不思議で、見入ってしまいました。


展示が終わると、最後にお土産ブースがありました。
私はハガキを購入。


芹沢銈介のはがき
1枚ずつ好きな絵柄が選べたのがよかった。

芹沢銈介絵柄の和小物がたくさんあったので、プレゼントにも素敵だなと思いました。


静岡市の久能山の麓は、いちご狩りで有名。
私、いちごは大好きです。


でも、いちご狩りに行くと必ずお腹が痛くなるので、今回はパス。


いちご狩りまでは行かない程度で、いちごを楽しんできました~


今日は、1月4日で、お正月の土曜日。
さぞ混んでいるだろうと思いましたが、午後だったからか、久能山東照宮の真下の駐車場もかろうじて空いていました。


道中にいくつもあるいちご狩り農場の呼び込みの人も、まだまだ呼び込めそうな余裕のある感じ。


思い返せば、去年2月、知多半島のいちご狩りに行く計画を立てましたが、平日も含め1か月先まで予約でいっぱいで、断念しました。
それを思えば、当日思い立ってすぐに行ける久能山のいちご狩りって、やぱりいい。
名古屋や神奈川方面からの車も結構来ていました。


さてさて、今回は、いちご狩りはしないけれど、いちごを楽しむ決意。


久能山東照宮の海側の登り口付近のお土産屋さんを散策します。


まず、そこここで売られていたのが、
「いちご生ジュース」200円


どこも200円なので、好きな売り子さんのところで買えばよし。


その場でミキサーにかけて、紙コップで立ち飲み。


いちご狩りの割高さを考えると、お得!と思って、飲んでみました。
もちろん、いちご100%!


久能山いちご生ジュース



感想としては、100%だからこそなのか、さらさらしていて、なんだか味も薄い感じ。
もちろん食感を楽しめますが、どうもいちごの種の粒粒が気になる。


紙コップ1杯なので、ドライブに疲れた体にもってこいですが、期待していたほどではない感じでした。


次に、商店街のもっとも海側の入り口のいちごショップで売られていたのが、
「いちごミルク」300円


いちごミルクといっても、ミキサーでいちごとミルクを混ぜたものではありません。


直径10センチくらいの丸い透明パックに、いちごそのものがゴロゴロ。
さらに、練乳がかけられています。


久能山いちごミルク


これはおいしかった!


お土産屋さんのいちごのパックは、安くてもだいたい1パック1000円。
それは色や形は抜群にきれいです。


でも高い。


それに詰められない不揃いで、色や形の悪いものを、売っているのでしょう。


規格外の割安いちごです。


なので、1月にしては小ぶりで、色も薄いのも混じっていましたが、さすが、本場という感じ。
小ぶりですが6~7個入っていて、甘くし、ベンチに座っているだけで、簡単にいちご狩りができた満足感。


ポップには、「たっぷり練乳」と書かれていましたが、それほどでなかったです。
でも、全部のいちごの周囲につけて食べても、余るくらい。


これはオススメできます。



ほかには、
東照宮への参詣の道が始まる入り口のお店で
「いちご生クリームサンド」120円や、
見た目もかわいい「いちごゼリー」
なども、その場で食べられる感じで、売られていました。


その前で、お腹いっぱいになってしまったので、今回は食べませんでした。


そして、いちごのお土産。


あちこちのお店で売られていたいちごお土産は、
「手作りいちごジャム」700円


基本形は、12センチくらいの丸い透明パックに詰められたパターン。
売っているお店は違うのに、パッケージが同じなのは、組合などの関係?


「今日の朝作ったばっかりだよ!」など、手作り感満載で、お店の人も一押しという感じでした。


同じパックで650円で売っているお店や、瓶詰少量で500円くらいのジャムも売られていました。
また、賞味期限も1か月くらいのものから、結構長いものもあったので、少し散策して、選んでもいいのかなと思います。


私は、基本形の丸いパックジャムをゲット!


明日の朝、トーストにつけて食べるのが楽しみです☆






上野をブラブラしていて、時間が余ったので入ってみました。
国立科学博物館、結構おもしろい企画をよくやってますよね。


私は、特に恐竜好きなわけではありませんが、実物の化石が何体も立体展示されていて、迫力満点!


迫りくるように化石が組み立てられていることもあり、この化石が生き返ったら…とリアルに想像できるほど。
もちろん、私なんて、というか人間なんて、一たまりもないでしょう…


チケットの1500円の価値はありました。


国立科学博物館 特別展「大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異」
入場料 大人1500円、高校生まで600円
開館 9:00~17:00(入場は16:30まで)
※金曜日は20:00まで(入場は19:30まで)
休館 月曜、年末年始
大恐竜展の開催は、2013年10月26日~2014年2月23日まで。


公式サイトはこちら


印象的だったのは、


・卵の巣の化石
オスが抱いていて、20センチくらいの沢山の卵が並んでいました。
卵泥棒といわれていたこの恐竜が、実は親だったという解明されるまでの物語も印象的。
別の化石では、巣の中にいる小さな恐竜が、一方向だけを向いて、皆死に絶えている様子も。
砂嵐に襲われたのではとの解説。


・発掘の様子
何日もかけて現場へ車で向かい、水を使いながら丁寧に行われているそうです。
子どもの頃は興味もありませんでしたが、今でもロマンに燃え、恐竜に人生をかける人たちがいるのか!と。
現在発掘されてわかっている恐竜はほんのごく一部で、本来はもっとずっと多くの種類の恐竜がいたんだとか。
新種の恐竜が発見される可能性もまだまだあるようです。
今ある、数少ない男のロマンですね~


・喧嘩の化石
異なる恐竜同士が、とっくみあいの喧嘩をして、噛みつきくっつきあった状態そのまま。
いったい、どうして、こんな形のままで、固まってしまったのかという不思議な化石。
お互い同じくらいで、小ぶりな恐竜でした。
歯が抜けなくなっちゃったんですかねえ?
でも、その形のまま残っていることが奇跡的。


・超巨大な恐竜の立体展示
通路側に首を下げ大きく口を開け、今にも襲いかからんばかりの迫力。
映画では、恐竜に襲われる人間も何度も見て来ましたが、実際に、自分が食べられる恐怖を、リアルに体感できました。
恐竜の頭って、本当に大きいですね。
ほかの立体展示にも、なんとかという恐竜の世界初展示などの学術的に価値があるような解説もありましたが、何より、そのリアルな展示技術に感服です。


解説板も、丁寧で素人にもわかりやすかったですし、見やすい位置に掲示されていたと感じました。


平日の夕方に行ったからか、ガラガラ。数組のカップルや親子がいましたが、かなりのんびりと見ることができました。
化石も組み立てられているのが多かったので、子どもでも見るだけで楽しめそうです。


あえて言うなら、別にゴビ砂漠にこだわらなくてもよかったのになという感じ。
ただ、化石の保存状態のよさなど、ゴビ砂漠ならではのよさがあるのは解説を読んでわかりましたが。


公式サイトによると、展示の9割が、化石の実物を展示しているそうで、主催者の力の入れようがわかります。
あれだけ細かい骨をせっかく組み立てたのに、また移動してしまうなんて、もったいない!


恐竜に興味のない人にも、一見の価値あり、です!





広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。