東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野をブラブラしていて、時間が余ったので入ってみました。
国立科学博物館、結構おもしろい企画をよくやってますよね。


私は、特に恐竜好きなわけではありませんが、実物の化石が何体も立体展示されていて、迫力満点!


迫りくるように化石が組み立てられていることもあり、この化石が生き返ったら…とリアルに想像できるほど。
もちろん、私なんて、というか人間なんて、一たまりもないでしょう…


チケットの1500円の価値はありました。


国立科学博物館 特別展「大恐竜展 ゴビ砂漠の驚異」
入場料 大人1500円、高校生まで600円
開館 9:00~17:00(入場は16:30まで)
※金曜日は20:00まで(入場は19:30まで)
休館 月曜、年末年始
大恐竜展の開催は、2013年10月26日~2014年2月23日まで。


公式サイトはこちら


印象的だったのは、


・卵の巣の化石
オスが抱いていて、20センチくらいの沢山の卵が並んでいました。
卵泥棒といわれていたこの恐竜が、実は親だったという解明されるまでの物語も印象的。
別の化石では、巣の中にいる小さな恐竜が、一方向だけを向いて、皆死に絶えている様子も。
砂嵐に襲われたのではとの解説。


・発掘の様子
何日もかけて現場へ車で向かい、水を使いながら丁寧に行われているそうです。
子どもの頃は興味もありませんでしたが、今でもロマンに燃え、恐竜に人生をかける人たちがいるのか!と。
現在発掘されてわかっている恐竜はほんのごく一部で、本来はもっとずっと多くの種類の恐竜がいたんだとか。
新種の恐竜が発見される可能性もまだまだあるようです。
今ある、数少ない男のロマンですね~


・喧嘩の化石
異なる恐竜同士が、とっくみあいの喧嘩をして、噛みつきくっつきあった状態そのまま。
いったい、どうして、こんな形のままで、固まってしまったのかという不思議な化石。
お互い同じくらいで、小ぶりな恐竜でした。
歯が抜けなくなっちゃったんですかねえ?
でも、その形のまま残っていることが奇跡的。


・超巨大な恐竜の立体展示
通路側に首を下げ大きく口を開け、今にも襲いかからんばかりの迫力。
映画では、恐竜に襲われる人間も何度も見て来ましたが、実際に、自分が食べられる恐怖を、リアルに体感できました。
恐竜の頭って、本当に大きいですね。
ほかの立体展示にも、なんとかという恐竜の世界初展示などの学術的に価値があるような解説もありましたが、何より、そのリアルな展示技術に感服です。


解説板も、丁寧で素人にもわかりやすかったですし、見やすい位置に掲示されていたと感じました。


平日の夕方に行ったからか、ガラガラ。数組のカップルや親子がいましたが、かなりのんびりと見ることができました。
化石も組み立てられているのが多かったので、子どもでも見るだけで楽しめそうです。


あえて言うなら、別にゴビ砂漠にこだわらなくてもよかったのになという感じ。
ただ、化石の保存状態のよさなど、ゴビ砂漠ならではのよさがあるのは解説を読んでわかりましたが。


公式サイトによると、展示の9割が、化石の実物を展示しているそうで、主催者の力の入れようがわかります。
あれだけ細かい骨をせっかく組み立てたのに、また移動してしまうなんて、もったいない!


恐竜に興味のない人にも、一見の価値あり、です!





承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2014/06/03 10:11] | # [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。