東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
上野は、ブラブラと散歩を兼ねてデートを楽しむにはぴったり。


不忍池のボートは有名(?)ですが、炎天下では暑い、冬は凍えそうと、今まで乗る機会がありませんでした。


ということで、乗るなら秋でしょ!


平日だったので、池には数台のボートが浮かぶのみ。
乗り場にも係員のおじさんだけで、ガラガラでした。


チケット販売機でチケット購入。


ボートは、3種類。


・手漕ぎボート(ローボート)
一般的な、向かい合わせで座る屋根のないボートです。
1時間1人600円。
大人3人まで。


・足こぎボート(サイクルボート)
屋根のある、足で前方のペダルをこぐ形式。
30分600円。
大人2人子ども1人まで。


・アヒルボート(スワンボート)
足こぎ式ですが、なんといっても、見た目がアヒル。
大人2人子ども1人まで。
30分700円。


営業時間は、夏は最長で10:00~18:30、冬は最短で9:00~16:30まで、月によってさまざま。
時間ぎりぎりに行く場合は、営業時間をチェックしてからのほうがよさそうです。
定休日は12~2月のみ水曜日。
ボート乗り場の電話番号 03-3828-9502


公式サイトはこちら


長年(!)、アヒルボートにあこがれていましたが、乗ってしまえば中は同じということで、普通の足こぎボートを30分乗ることにしました。


大人2人座れば、普通にいっぱいという船内。
荷物を置く場所がなく、足元に置きましたが、いちいち漕ぐペダルにあたるので、手荷物は少ない日がおすすめです。


ハンドルがついているので、好きな方向へ進めます。


ボートからは前から横から眺めよし



ほかの人が乗っていたアヒルボートのアヒルの頭には、特等席のようにカモメがとまっていました。
でも、乗っている人たちが自分で見れないのがもったいない!


水面や池の周囲にカモメが沢山いるので、ボート版サファリパークのように、近くまで行って眺めたり。
かなり近くまで行っても、全然逃げない。


不忍池の周辺にはカモメがズラリ



30分でそこそこ長いかと思いましたが、なかなか楽しめました。
1時間でもよかったかなという感じ。


ただ、途中から日も陰って、少し寒くなって来たので、ひざかけなどはあるとよいかも。


私たちは、ボートの後は国立科学博物館に行きましたが、上野には美術館や動物園、アメ横もあるので、のんびりブラブラするにはもってこいです。






















管理者にだけ表示を許可する

広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。