東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2月の3連休で、愛知県知多半島にドライブに行ってきました。


まずはネットで下調べ


いつもは行き当たりばったりですが、今回はしっかりネットで下調べ。


事前情報による、2月上旬の知多半島のポイント…

・咲き誇る花畑や桜にはまだ早い
・観光協会はイチゴ狩りを押しているが、4か所しかなく、とても人気で、2月頭の時点で、予約状況はすでに2月末まで平日も含め埋まっている!
・トラふぐが名物。日間賀島で、年一度の「ふぐまつり」がちょうど2月の三連休で行われる。
・半島の先は、知多温泉郷と呼ばれ、日帰り温泉が楽しめる。
南知多観光協会ホームページ


おお!
ポイントと方向性はばっちり。


出発~


そして、いよいよ知多半島ドライブ当日。
岡崎で午前11時前にレンタカーを借り、レッツゴー!


有料道路は避けよう


すぐにトラブル発生。
カーナビ設定で「有料道路を避ける」としなかったので、いきなり高速道路へ。


もちろん、私の運転技術で、直前に車線変更することも難しく…


高速の壁で景色は全然見えず、事故らないか、ヒヤヒヤ。
ドライブを楽しむどころではない


行き先を、知多半島の先端の師崎(もろさき)にしていたため、知多半島中央を走る有料道路「知多半島道路」をひた走ります。
地図もないので、いったい今どこなのやら…


そんな中、なんとか、サービスエリアに入りました。


無料の地図をゲット。
居場所を確認すると、もうすでに、知多半島の3分の1は来てしまっていました。


ドライブを楽しみたいのに、移動時間優先って…


ナビの設定をし直し、すぐに有料道路を出て、地上へ。


やっぱり街並みを見るのは楽しい


町中をまっすぐ半島の先まで抜ける道を走りました。
はじめは家や商店が立ち並んでいました。
古い家や町の様子を見るのって、楽しいですよね。


じきに、海沿いに出ました。
運転しながらなので、なかなか悠長に景色を眺められませんが…


それでも、大きな交差点の角などに、観光スポットの看板が出ているだけで、
「おお!ネットで見たところだ!」
と知多半島に来ていることを実感。


途中、人気のない港にも寄って、海を眺めつつ、休憩もしました。


半島の先端「師崎」に立ち寄れず


有料道路を下りてから、1時間もせず(いやむしろ30分くらいだったかな?)ほぼ師崎に到着。
しかし、半島の先にあるフェリー乗り場への道は1本。
道は渋滞。
駐車場が満車と薄々感じつつ、進んでいくと…


やっぱり満車です。


警備員のおじさんが、車一台一台の窓をたたき、
「今日ここに泊まるの?そうじゃなかったら、帰った方がいいよ」
と親切なのか、もう慣れきっているのか、告げて回っていました。


道は、1本道。
他の車が帰るためにも、自分の車も帰らなければならない状況。
仕方なく、師崎を出ます。


師崎、無念…


昼食が食べたい


気を取り直して、ドライブを継続。
半島の先っぽには行けなかったけれど、まだまだ半島のは続きます。


とにかく、道は海岸沿いに一本。


できれば、半島の先に近いところで昼食を取りたいな…と思いつつ、なかなか駐車場が空いている食堂がありません。


魚ひろばに立ち寄る


すると、「豊浜 魚ひろば」なるものを発見。


魚ひろばの駐車場の少し手前の漁港から、ずらっと縦列駐車がありました。
先ほどの反省を生かして、すばやく縦列駐車に加わりました。


魚ひろばは、鮮魚や干物など海産物の直売所。
ソフトクリームなども売っていました。


すごい混雑で、とても立ち止まって見るどころではありません。
それに、とにかく昼食が食べたい。


トイレに寄ると、すぐ近くに「市場食堂」があるという掲示が。


矢印の方向に歩くと、それらしき行列。


あばら家のような小さな小屋の前に、ずらりと行列。
見るからに狭そうだし、崩れそうな古さ。
それに、かなり待ちそうだったので、あきらめて、車へ戻りました。


実は、この市場食堂。
新鮮なふぐが格安で食べられると、有名なお店でした。
なんと、夜にホテルでテレビをつけたら、テレビで紹介されていました。
悔しい!


とにかく昼食を取りたい…


その後も、海沿いに走りますが、食事が食べられそうなお店は点在。
でも駐車場は満車でさらに駐車待ちの行列。
また、日帰り温泉のホテルも点在しますが、状況は同じ。


そして、みるみる半島の先端から遠ざかっていきます。


道の駅であなご料理


ようやく、食事が取れたのは15時過ぎ。
塩づくりのための木組みが目印の道の駅「食と健康の館(塩の館)」でした。


道の駅「食と健康の館(塩の館)」


道の駅の中にある食堂も順番待ちで、20~30分以上待ったと思います。
何しろ、牛丼屋チェーン店などとは違って、のんびりしている。


もともとテーブルはゆったり置いてあるし、お店の人が、4人がけの席に1人客を案内したり。
混雑時は、相席ぐらいいいんじゃないですか。


地元の野菜や工芸品、土産品が並ぶ店内をぶらぶらしながら待ちました。


食堂は、なぜかアナゴ料理ばかり。
名産なのかな。
フグが食べたかったけど…やっぱり道の駅では無理か。


お腹は空くし、運転で疲れたし、店はモタモタしているしで、イライラしながら着席。


お茶を持ってきた店員に、注文しようと声をかけるも、後から席に着いたお客さんにお茶を出すため、待ってくださいとのこと。
まさかと思いましたが、後の夫婦のお客さんがその場で注文。
そのあと、私たちのところに戻ってきた店員に注文。


でも、調理場で注文を逆にしてくれるかな~とも期待。
そんな気がきくなら、もっとうまく店をまわしますね。


調理場では楽しそうに、店員のおばさんが、調理の青年にくだらない話を話しかけている…
当然、調理が早いわけもなく。
後から来た夫婦に、定食が席に届いた後も、待ち続け…


食べ始めたのは、15時を大きくまわっていました。


アナゴ定食が来た頃には、罪のないアナゴにまで怒りを感じるように…


満席だった食堂も、食べ終わった16時過ぎには、私たちが最後の1組になっていました。


無神経な店員に腹を立てながら、足早に出発。
二度と行きたくないです。


セントレア国際空港をめざして


ドライブの最後は、中部国際空港セントレアに立ち寄るという計画でした。
しかし、セントレアにつづく道の入り口に来て、有料道路しかないと判明。


セントレアが眼には見えているけれど…。
今日の高速道路で無駄に散財したことを思い出し、有料道路は回避。


あとで調べてみたところ、乗ろうとしていた有料道路の入り口は「りんくうIC」。
りんくうICから、わずか2分でセントレアに着くようです。
道路料金350円。
駐車場1,500円(1日)。


これはおもしろい!めんたいパーク


近くに、巨大な明太子を飾った建物があったので、そちらへ向かいました。

去年12月にできたばかり。
かねふくの明太子のテーマパーク「めんたいパーク」でした。
かねふく「めんたいパークとこなめ」


もう17時近くでしたが、駐車場はほぼ埋まっていて、駐車場の奥の方へ案内されました。

建物に近づくと、
「ピリッとかねふ~く め~んたいこ~♪」
と印象的な音楽。


入口を過ぎると、広々した広間が、明太子の直売所。
そして、奥には、洞窟っぽい入り口の、博物館エリアが広がります。


まず、その洞窟に入っていくという雰囲気が、子どもに限らず、大人もワクワク気分させてくれます。
海の中が映し出されたり、スケソウダラの声も聞けました。


順路に沿って歩くと、明太子の製造過程がガラス張りになっています。
たくさんの人が働いていました。
ベルトコンベアーで流れていく明太子たち。


最後には、できたての明太子を、切れ子、軍艦巻き、食パンに塗ったりして試食。
しょっぱいけど、美味…


博物館エリアの出口は、直売スペースに戻るようになっています。
もちろん、そのころにはテンションも上がり、すっかり、お土産に明太子を買う気分に。


販売スペースはとても広く、お客さんでごった返していましたが、商品は5種類くらい。
もう少し、幅があると、もっと売れるんじゃないかと思ったりも。


あとでホームページを見たら、明太しゅうまいや焼手羽明太、いかめんたい、紅さけ明太など、いろいろありました。
夕方遅かったので、出来立て明太子も売り切れていたし、他の商品も売り切れていたのかもしれません。


しょっぱいものを食べれば、当然、のども渇きます。
飲み物を探すと、広間の端には、無料の紙コップの自動販売機がズラリ。
さすがに、お客さんの行列もズラリ(苦笑)


座れるベンチもたくさんあって、子どももお年寄りも、来て楽しいだろうなという感じ。


博物館エリアは少しでしたが、直売スペースをぐるりとまわったり、飲み物に並んだりで、1時間は楽しめると思いました。


そんなこんなで、すっかり日も暮れました。
いろいろあったけど、楽しい知多半島でした~






テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行















管理者にだけ表示を許可する

広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。