東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
道の駅「潮見坂」に行くのは、たぶん3回目。

今回は、東名高速を「浜松西」インターで降りて、1時間くらいドライブした後にたどりつきました。

前回、道の駅「潮見坂」に行った時のブログがこちら
道の駅「潮見坂」の公式サイトはこちら

年末で混んでるかな?と思いましたが、駐車場などはほどほどに空いていました。

自分の行動パターンが保守的なので、前回のブログと内容が、ほぼほぼかぶっています(苦笑)

ランチ編

ランチでは、釜あげしらす丼をいただきました。
カウンターやテーブル席など、結構座席は多いのですが、満席。
食券を買って彼が並んでいる間に、ぐるぐるまわって、ちょうど席が空いたので、ラッキー☆

潮見坂 釜あげしらす丼


うずらが2つ。前回のブログで振り返ってみたら、前は一つでした(笑)
しらすは、ふわっふわ。写真では分からないと思いますが、かなりたくさん、乗っています。満足。
柑橘系をきかせた醤油がついています。
お茶は、フリードリンクです。

お土産編

お土産その1 うなぎいも

今回買ったお土産の一つ目は、うなぎいも。

潮見坂 うなぎいも

7本入って、380円(税込)。

実は、駐車場に着いてすぐ目に着いたのが、道の駅の隣に立つビニールハウスに、大々的に書かれた「うなぎいもファーム」。

うなぎいも??

道の駅に入ると、すぐに判明しました。
うなぎのいらない部分を肥料として与えて育てた、さつまいもでした。

うなぎいぬみたいなキャラクターもできてるし、うなぎいも関連の土産がズラリ。

以前来た時は特に記憶に残っていなかったので、よくこの間、ここまで商品開発したなあ、と開発者の心意気に感服。
ここまで揃っていると、何か買いたくなっちゃいます。

お土産用に人にあげられる箱モノのお菓子もたくさんありましたが、私が買ったのは、うなぎいもの実物。

袋には、3か月貯蔵して完熟しているので早めに食べるようにと印字されています。
さつまいもに、完熟があるなんて初めて知ったけれど、なんだか、おいしそう。
それに、7本380円なら、普通に、お買い得だなと思いました。

試食用に置いてあった、うなぎいもの焼き芋を食べたのですが、とにかく甘くて、なんというか…、ベチャベチャ。
「焼き芋」の表示を外し忘れて、さつまいもの甘露煮だったのかなと思いつつ、値段も安いし、もしこれが本当に焼き芋そのものだったら、お買い得だなと思い、買ってみることに。

家に帰ってから、グリルで2本じっくり焼いてみました。

1本目…

ようかんのような甘さ。どう評価するかは、人の好みによると思いますが、ねちょねちょ、べたべた。ホクホク感は全くなし。繊維はあるものの、とろけるようなきめこまやかさ。あれは食べた人じゃないと分からないと思いますが、かじりつくと、クリームのように、つのが立つ。さつまいもというよりは、新種の果物のような。味もようかんのようで、甘すぎるくらい。途中でバターをつけましたが、何もない方がおいしい。きっと、話題の安納芋は、こんな感じなんだろうなと。これが7本で380円は激安。次行く時は、倍以上の値段になっているのでは、と想像しました。
写真を撮ったのですが、誤って消してしまいました…(泣)

2本目…

外側は、1本目と同じ。蜜でべちょべちょ。でも、かじってみると…。

潮見坂 うなぎいも(食べかけ)


内側は、ほくほく。1本目とは、全く違う感じでした。
普通のさつまいもっぽい。
品質にはまだ芋ごとのバラつきがあるのかなあ?
まあ、でも満足です。
次行ったら、必ずリピして買うと思います。
それに、人にあげたら絶対に喜ばれると思う!
実家などへのお土産には、こういうのがいいんだよな~

お土産その2 ロールケーキ

二つ目のお土産は、ロールケーキ。1つ、200円。
車の中で、すぐ食べちゃったので、実際はお土産ではないですが…。

商品ポップには、鎌田實さんが絶賛と書かれていました。
裏の材料を見てみると、うずらの卵と。

スポンジ部分は、黄色が強い感じで、卵が贅沢に使ってあるのかなと思いました。
シフォンケーキのように、フワフワ、シュクシュク。
クリームはきめ細かく。

結構大きかったので、多少値段があがっても、フルーツが入っていると、味に変化があって、いいなと思いました。

潮見坂 ロールケーキ

ほかにも、プリンやいちご大福、焼き菓子系も種類が多かったので、迷いました。
ドライブには、甘いものが欠かせませんよね~


ダチョウ編

潮見坂のもうひとつの楽しみが、ダチョウ。
前はもっといましたが、今日は2匹。

潮見坂 ダチョウ(顔)

ちょうど、他にも見に来ていた人がいましたが、やっぱり、「少なくなってない?」と、消えたダチョウの行方を心配していました。

2匹のダチョウは、檻のすぐそばにいたので、じっくり見つめあえました。

2匹とも、身を寄せ、似たような行動をしていました。
潮見坂 ダチョウ(首たたみ)

首をたたんで、羽づくろいをしたり…。

潮見坂 ダチョウ(後ろ姿)

しばらく見ていたら、2人で去って行きました。


潮見坂は、雰囲気も明るいし、ほどよい広さだし、また、行きたいなと思いました。
スポンサーサイト

広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。