東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
毎日のように、布団クリーナーのCMを見ていたら、どうしても欲しくなってしまいました。
私にとっては、はじめての布団クリーナーです。
新しい市場が開拓されたなという感じ。すっかり業者の思惑に乗せられています(笑)


レイコップ、ダイソン、そのほかのメーカー。
半年近く、買うかどうか迷って、大手電気屋さんで展示品を触ったりして…。


つい先日、ダイソンのDC61、ハンディの布団クリーナーを買いました!


ダイソンかレイコップか・・・


UV除菌などの機能が付いている製品もあるし、値段もピンキリだし、ずっと決められず、迷っていました。
決め手は、自分にとっての布団クリーナーへの期待に、優先順位をつけたこと。


だらしない性格で、掃除もろくにしないので、じゅうたんは一年中敷きっぱなしだし、布団もめったに干さない。夏には、だいぶダニに刺されました。恥ずかしい限りですね。
それに、アレルギー鼻炎気味で、ダニの死がいや糞があると思うと、なんだか体中かゆくなってくるような…。


なら、まめに掃除すればいいんですが、やっぱりだらしないので、できない。
思い立った時は、家じゅう水ぶきしたりするんですが、普通の掃除機でじゅうたんを吸っても、髪の毛とか全然取れないし。なので、普通の掃除機では、絶対、ダニとか取れてなかったと思います。実際、掃除した直後も、ダニにすぐ刺されていたし。
布団も、干してたたいても、ダニが死んだのかどうか、よくわからないし、あまり実感もない。やっぱり、ダニに刺されていた気がする。


なので、多機能な布団クリーナーであっても、とにかく、ダニの除去という点で、一点集中型で選ぶことにしました。


吸い取る能力といっても、どれも○%除去など書かれていて、1万円台の安いクリーナーでも1分で90%以上除去など書かれていて、2万円台のレイコップより数値が高い場合も。なので、業者発表の動作能力も、あまり信じられませんでした。


何店か大手家電屋さんをめぐり、操作できる展示品を試してまわりました。
吸い込み口で、いかに布団に振動を与えて、ダニを(?)かき乱して、そして、吸い込むか。


形状的にレイコップの方が安定感があり、使いやすそうでしたが、吸い込み口に自分の手を当ててみて、その吸い込み感から、ダイソンに決定!


12月になって数千円値下げしたそうで、3万円でした。
割安感というよりは…、1年間の自分へのご褒美で、奮発です!


使ってみての感想


個人的には、布団というよりは、じゅうたんが気になっていたので、早速、じゅうたんで試しました。
使い始めて30秒くらい、1メートル四方いかないうちに、ゴミ捨てのMAXラインに到達。


自分の想像をはるかに超える、吸い込み力。
そして、家の汚さ…。
そりゃ、ここで生活していたら、くしゃみとか、せきとか、出るよな…。


ダイソンに大満足です。
幼いころ、母親が使う掃除機を、「貸して貸して!」とせがんで、家じゅうを掃除したくなっていた、あの感覚。
ワクワクと、ドキドキ、爽快感をありがとう、ダイソン。


本体中央に、透明のゴミBOXがあって、MAXラインを超えると、底を開けて捨てないといけないのですが、とにかく、すぐたまります。たぶん、2分おき位に。それは、家が汚いからですが…。


すごいチリです。
普通の掃除機では取れない感じの、明らかにきめ細かい、片栗粉みたいな、うす茶色の粉末。
家電屋さんで展示されていた通りのごみでした。
ただ、1年でこのくらい、と展示されていた量は、1日で軽く超えたと思います。


じゅうたんの上で絡む髪の毛もOK。
掃除した後は、手触りが全然違うし、色もきれいに。
絨毯の毛が立つのか、ごみが除去されたからか、色が鮮やかに変わりました。


こびりついた食べこぼしは、ダメでした。
当たりまえか。


残念なのは、バッテリー時間がとにかく短いこと。


充電に必要な時間は3時間半ですが、10分くらいで、スイッチが止まってしまいます。
スイッチが止まるまでは、フル稼働。
徐々に弱るわけではないので、その点はいいのですが。


あそこも掃除したい、ここもやりたい、と、気分が乗ってきたところで、はしごを外すように、スイッチが止まるのです。
一度スイッチが止まったら、充電するまで、びくとも動きません。


それに、充電コードを指しながらの操作ができないんです。
だから、とにかく待つ。


あるいは、ちょっと充電しては、ちょっと使う。
バッテリーに悪いかもですが…。


それに、ピストル式のトリガーを引く間だけ動く仕組みなので、あちこち広く掃除したいときは、指と手のひら全体が疲れる。
レイコップと違って、床に置いたのを動かすのではなく、本体を持ち上げてますからね。


バッテリーや、ゴミの取れる量、使い勝手のこと、どれを考えても、毎日~週1くらいで、少しずつ、小まめに掃除する人をターゲットにしているのでしょう。思い立ったときに、一気に、あそこもここも、すべてとことん掃除してしまいたい、という人には、バッテリーがすぐ切れる、ゴミを5分も立たずに捨てないといけない、指が付かれるなどの、デメリットが目立ってしまいます。


かといって、普通の掃除機がここまで吸い込んでくれるわけではないですし、ダイソンの通常掃除用の掃除機は倍ぐらいの値段がしますし、今の自分にとっては、最善の選択だったと思います。


ちなみに、6畳くらいのじゅうたんを掃除するだけで、5~6回ごみを捨てないといけなくなり、今後の使用に面倒くささにおいて不安感を感じたことと、あまりにゴミが取れるので、じゅうたんの一部がむしられているのではという疑念を抱きましたが、1週間後に再度じゅうたんを掃除したときは、ほぼゴミがたまらず、じゅうたんむしられてる疑惑も、数分でゴミ捨てを繰り返す疑念も、見事に払しょくされました(笑)
小まめに掃除すれば、ゴミ捨ての手間もかからず、いいんですよね。


せっかくなので、ダイソンに合わせて、自分の掃除スタイルを変えていこうかな・・・(苦笑)

スポンサーサイト
彼と近くの公園へサイクリングへ行った帰り道。


まだ陽は高い本日土曜の夕方のことでした。


大きな五差路の交差点に通りかかると、何やらおまわりさんが向こう側の道路に駆けつけていく様子。


路線バスとトラックが狭い道路ですれ違う途中で立ち往生していました。


彼と私と野次馬根性?で早速近くまで見に行ってみることに。


いつもバスとバスがすれ違うのもヒヤヒヤするような、片側一車線ずつの狭い道路なのですが、右折した先で動けなくなっているトラックとすれ違えず横断歩道直前で止まっているバス。両脇には電信柱とガードレール。


すでに事件の様相で、通りがかる人が、道路の真ん中まで歩いて出ていき、かわるがわるバスとトラックの間の隙間を確認していきます。


・・・まったく隙間がない


車体の半分ずつくらいがお互いに重なっているのですが、一体あんなにくっつくまでどうやったら走れたんだ?


ちょうど交差点なので、右折してすぐ引っかかってしまったトラックの後ろには、同じ会社と思われるトラックが、一緒に右折してきたであろう感じで道路にはみ出しているし、バスの後ろには、ながーい車の列。


私たちより一瞬早く駆けつけたおまわりさんが、バスとトラックの運転手さんに前に出られないか、後ろに下がれないかと聞くけれど、本当にニッチもサッチもいかない状況。


もう一人のおまわりさんは、交差点に立ってはみ出ている別のトラックをバックさせ誘導したり、たまっている乗用車1台1台に迂回するよう話したり、本当にめまぐるしく走り回っていました。


いったいどうやって解決するのか無性に気になったので、特に急ぎの用事もない私たちは、道路わきのコンビニ前でずっと経過を観察していました。


待つこと1時間15分。


バス会社の人っぽい人やパトカーも何台も到着して、バスの後ろに永遠に続いくかのように伸びていた車の列も、いつしか通行止めになったのか新しい車も来なくなり、通りがかりの野次馬も増えては減り、減っては増えとしていましたが、結局、トラックとバスの間に何枚かのタオルを箇所箇所にはさみ、バス会社の人っぽい人がトラックの荷台にのり、バスを全身でトラックとは反対側に押し、トラックが前進する形で、事態は収拾しました。


野次馬からは拍手。


私も拍手。


でも前進して進めるなら、なんで1時間15分も引っ張ったんだ?


車体をお互いに傷つけたくなかったのかな?


すれ違えた後に確認しましたが、バスに若干のこすれた傷があったのと、タイヤ回りの部品がはずれたののほかには、目立った外傷はありませんでした。


ただ、途中何回もトラックが数センチずつ前進を試みたときは、やっぱり何か引っかかっているようで、金属が爆発するような音がしていたから、やっぱり難しかったんだろうな。


路線バスの経路がまったく通行止めになっていたので、その間他のバスは迂回していたようだし、パトカーも何台も出て、バスに後続していた車の列は次々に私たちの目の前で思わぬ状況に笑ったり、クラクションを鳴らしたりしながら迂回していきました。


私も駐車場で止めるときなど、前にも後ろにも行けなくなる時がありますが、こんなに大ごとになって、当人の運転手の方はいたたまれないだろうな。


他人事とも思えず、無事すれ違えたあとは本当にほっとしました。


よかった、よかった。


こんなとき、スーパーマンがいたら、バスを両手で持ち上げて近くの空き地まで運んでくれるんだろうな、と非現実的なことをずっと考えていました。


集まった野次馬でバスを持ち上げられなかったかな・・・
ホントにあと数センチですれ違えるってぐらいだったんだけどな。


「みんなでスーパーマンになる作戦」は実現ならず。
3月末に迷っていたポメラかミニノートかの究極の選択に終止符を打ちました。


結論から言うと、ミニノートに軍配があがりました。


ゴールデンウィークの旅行にどうしても持っていきたかったので、即日購入するつもりで電気屋を再度まわったのですが、近所にあるアウトレットの電気屋さん(新品のみを扱っています)で、acerのASPIREoneが4万円だったので、決断しました。


無料会員になると5%引きだったので、3万8千円で購入できました。
ポメラは約3万でしたが、パソコンならofficeを入れればWORDで作れるし、ファイル数や文字数の制限もないし、ネットも見られる。


迷っていたときは、値段と重さが自分にとってはネックでしたが、ちょうどお手頃価格のものが見つかり、重さも1.1kgと許容範囲だったので、かなり気に入っています。


バッテリーも約4時間とあまり長くはないですが、よく考えたら長時間コンセントのないところで作業することはないかと気付き、問題なし。


早速、ゴールデンウィークの3泊4日の浜松旅行に持参しました。


officeはまだ入れていませんが、wordパットという、WORDの最低限の機能を抜き出したようなソフトも入っていて、大変満足しています。


WORDが見られるかも、という淡い期待は裏切られましたが・・・


USBポートがかなりきつくてUSBメモリが入らず、はじめは、違う種類のUSBを専用に買わないと使えないかも?!と焦りましたが、ネットで調べたところ、きついだけと判明し、「えいやっ」と無事入りました。


キーボードも難なく打ちやすいし、立ち上がりも早い。
感覚的には、半年前くらいに買った家のデスクトップより性能がいい気がします。(型が古いので)


おかげさまで、いい買い物ができました






テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

ずばり!仕事と両立して大学院に通う、新しい生活が今日始まりました!


仕事をしていて感じた、さらに学びを深めたい!という想いを大切にしたいと思い、今春から大学院に通うことにしました


今日がドキドキの入学式。


仕事を効率的に終わらせ、平日夜間と土曜に通う生活になりますが、豊富な授業数・内容と新しい学生を前に目を輝かせた教授陣を前に、ますます今後の学生生活に期待!


久しぶりに、ここ1か月ほど胸がワクワクしっぱなしです


「初心忘るべからず」を胸に、地道にがんばりたいと思います


こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「新しく始めたこと・始めたいこと」です。今日から4月!まだまだ寒い日もありますが、桜も咲き出し、冬から春になり、生活も心機一転、という方が多いと思います。街でも、パリッとした新しいスーツに身を包んで緊張した面持ちの人たちを何人か...
トラックバックテーマ 第934回「新しく始めたこと・始めたいこと」

テーマ:自己啓発・能力開発 - ジャンル:学校・教育

旅行のブログを立ち上げた途端、ほとんど旅行に行かなくなってしまった・・・


4月から毎週土曜日に用事が入ることになったので、これから当分の間は土日での小旅行ができません(泣)


その用事にも関係するのだけれど、いろいろと勉強したり、書き物をすることが増えるので、もう一台持ち運びができるパソコンがほしいと思っています。


今迷っているのは、KING JIMの出しているデジタルメモ「ポメラ」とミニノートパソコン。


ポメラは先週旅行先の電気屋さんで見たのだけれど、今日は真剣にどちらを購入するか考えたいと、彼と秋葉原の電気街へ出かけてきました


ポメラシリーズでは、3つのモデルが出ていて、DM5、10の2モデルは1万円台からありとてもお手頃だけれど、1ファイル8,000文字まで、計48,000文字までしか入力できないので、ちょっと希望する用途には使いづらいかなという感じでした。
DM20モデルは1ファイル28,000文字まで、計28万文字と格段に性能が高い。今日見たお店では28,900円でした。


ポメラの何より魅力を感じるところは、
軽いこと。高機能のDM20モデルで370g。機能を絞った最新モデルで285g!。
小さいこと。14.5センチ×10センチ!
キーボードが折り畳み式で使うときは広がるので、使いやすそう。
安い。3万円以内で買える。


ただ、実際に店頭で体験して、軽さ、小ささには感動したのですが、キーボードはちょっと打ちにくい。
これは慣れないパソコンでも同じことだと思いますが。


3万出すなら、あと2万円出して、ネットも見られて他の機能も豊富なノートブックのほうがいいような気も・・・。
最低限使いたいのは、WORD機能だけなのですが。


ただ、ミニノートパソコンも700g台もあるけれど、値段も5万円程度で探すとなかなか。
それに、よけいなおまけソフトが多いような気がして、その分までよけいにお金を払うのかと思うと、なんだかモチベーションが・・・。


パソコン(あるいはポメラ)をどういう風に使うかをはっきりさせないと決められない問題ですが、結局今日は下見のつもりでもあったので、迷ったまま帰ってきました。


今書きながら思いましたが、メモをそのままパソコンへ移して完成するものならいいけれど、テキスト形式での保存になるので、パソコンと行ったり来たりさせ内容を何度も確認、加筆、完成させたいものには、ポメラは向いていないのかも、と思い至りました。


ポメラの軽さは捨てがたいんですけどね


まあ、大学時代には3kg近いノートパソコンを毎日肩から下げて通学してましたから、それに比べたらなんのその、とは思いますが、軽いに越したことはないですし。


なんと優柔不断な私


実際に4月から始まる新生活の様子を見て、最終的に判断しようと思います


考えた末の結果へつづく

テーマ:コンピュータ - ジャンル:コンピュータ

広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。