東京発 のんびり ゆったり 気まま旅
東京から新幹線で数時間。 私と彼の週末旅行をご紹介します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
駿河湾フェリーは、清水港から土肥港まで65分。
静岡から伊豆までの車での旅行。
職場の同僚からは、「ゴールデンウィークは沼津あたりがかなり混む」とだいぶ脅された ので、行きも帰りも駿河湾フェリーを利用しました。

夫婦2人と車1台で約8000円。
出発前30分は時間拘束されますが、それでも、ゴールデンウィーク初日から、「渋滞知らず」「体力温存」で快適に移動することができて、よかったと思います。

駿河湾フェリーの公式ホームページは、こちら

駿河湾フェリーのホームページは読んで行きましたが、ページが細かく分かれていたりして、いまいち全体像がつかめませんでした
そこで、駿河湾フェリーの利用方法と実際利用した感想をまとめてみました。

乗船券の予約

予約利用
2016年9月末までは、一部期間を除き、予約することで、土日祝15%、平日20%の割引が上乗せされるので、予約がお得。
予約の対象者:車、バイク、自転車の利用者のみのようです。
予約方法:インターネットか電話、前日17時まで
支払方法:当日窓口。
駿河湾フェリー予約ページはこちら

当日利用
「人」のみの利用の場合は、予約不要とあります。
当日利用の場合「先着順」とあり、集合時間の指定の記載もないようです。
予約車は出港30分前集合なので、乗りこむ時間も考えて、そのあたりを目安にしたらいいと思います。

予約すべきか…
私は行きが、ゴールデンウィーク初日(金曜・祝日)の10:40清水港発の便だったので、3日前くらいに予約しました。
予約時は、まだ残席がありそうでしたが、当日、かなり長い(多い)車列となったので、予約して正解だったと思います。

帰りは、ゴールデンウィーク中の中締め?(翌日が平日月曜)の17:20発土肥港第4便。
当日、車は車列用スペースの半分以下程度。
帰りは、予約しなくても十分乗れたな、という感じです。

金額例
3~4m未満(マーチ等)の車1台と運転手で5700円。
追加で大人1名は2260円。
ということで、夫婦2人と車1台合わせて、7960円。

帰りは、5日以内に利用した「半券」があると、1割引きになります。
行き・帰りの券を一緒に購入する必要はないので、帰りは、渋滞情報を見ながら、乗るかどうか考えてもいいですね。

いよいよ当日! 乗船までの流れ

警備員の案内に従って、指示された車列に並ぶ
早く並んだ車から乗船、下船もその順で早く降りられる。
行きの清水港では、車が多かったからか、さらに、小さめの車の列、大きめの車の列と、分けられました。
帰りの土肥港では、車が少なかったからか、車の種類に関わらず、到着した順に並びました。

乗船券を買う
予約時には、予約したメールの本文を印刷して必ず持参を、と書かれていますが、行きも帰りも、見せるよう言われることなし!
苦労して印刷したのに…!

予約なしの場合は、各便1時間前に決定される運航状況をチェックして、乗船券窓口へ。

集合時間(出港30分前)を待つ
清水港での待ち時間
清水港ターミナルのロビーは、伊豆観光名所のパンフ(割引券や伊豆の地図なども付いている)がいろいろ揃っていたので、手にとって、見て選ぶのもなかなか充実の時間でした。
背中合わせでゆったり座れるソファベンチ?が数揃っているので、遠慮なく座りながら、パンフを熟読できました。
日本丸も寄港していたので、ブラブラ近くまで歩き、写真も撮れました。

土肥港での待ち時間
待合室はかなり小さいので、席に座ることは難しい感じ。
ただ、外で海を眺め、徐々に近づくフェリーを見るのは、ワクワク楽しかったです。
座りたければ、自分の自動車の席に座ればよし。

集合時間以降は、車で待機する

清水港で…
30分前を過ぎたころに、警備員が車で待機するよう声をかけて回り、みな車内で待機。
車の順によっては、フェリーの着岸がよく見えるかも。
この間、警備員が車をまわり、チケットを切っていきます。

土肥港で…
フェリーが徐々に近づき、方向転換して着岸する様子を、じっくり車外で、立って見ることができました。
結構な迫力で、写真撮る人続出。
混んでいないと、融通がきくのかな?

乗船
並んだ順(の内、小さめの車の車列)から乗船。
到着したフェリーに乗っていたバイク・車・バス等が降りると、いきなり乗船が始まります。
あれだけ、まったり待っていたのに、気づいたら前の車が出発している!
フェリーから車が降り出したら、エンジンをかけておくよう、お勧めします。

フェリー内で駐車
警備員の指示で、指示された位置に駐車します。
ギチギチに停めるのかと思いきや、ゆったり駐車だったので、運転が苦手な私でも問題なし。
全員が客室に移動し出港すると、駐車階は立ち入り禁止になるので、フェリーで楽しみたい持ち物は、あらあじめまとめておくことをお勧めします。

フェリーの設備
客室の後ろには、たこやき屋さんが営業中。
客室内には、ソフトクリームなどを売っている簡単な売店もありました。
客室の先頭では、テレビも映っています。音声を聞くなら、前の席がおススメ。

客席型、テーブル席、畳スペース、屋外屋根付きテーブル席など、座席がたくさんあり、ゴールデンウィーク初日の便でも、急いで席を取る必要もなく、あちこちの席の座ってまわり、心地を満喫できました。

乗客の層
行きは、小さな子連れ家族が多かった印象。
でも、波や船の音自体が大きいので、特に声なども気になることなく。

帰りは、スポーツサイクリング?やバイクツーリング帰りの人が結構乗っていました。
波も荒く、客室が静かだった分、携帯で大声で話す釣り帰りのおじさんが目立っていました…。

乗り心地

行きは快晴!
行きは、天気も良く、快適な旅でした。
客室を探検したり、売店を見たり、景色を見たり。

三保、由比や蒲原の景色、富士山をはじめ、2階から見る景色、よかったです。
帽子は飛ばされそう、でっかいボイラーは臭くてうるさい、それでも、ずっと見ていたい景色。

売店で買ったお茶を飲んでいるうちに、すぐ到着。
65分は、楽ちんで早い、金額は高かったけど、フェリーを利用してよかった~と大満足。

帰りは荒波…
帰りは、乗船前から風が強く、波が高いなあ、と見ていました。
乗ったはいいが、「ジャバジャバ、ガツン!」
船にぶつかる波が、波の音じゃない。

船の波のかぶり方が尋常じゃない。
海面よりかなり高いはずなのに、客室の窓ガラスは、波が滝のように流れ落ちていました。

吐いている人もいたし、7割くらいの人は長いすなどに横になっていました。
(それだけ、座席が広く、ゆとりあるからいいんですけどね)

とても普通に立ち歩ける状況でなく、フラフラと中腰?で移動していました。

沈むのではないかと気が気でなく、「ここで沈んだら、こっちの方向に泳ぐと岸があるはず…」など、沈んだ時のことばかり考えていました

清水港に帰って来た時は、本当にほっとしました
もうほとんど日が暮れていましたが、フェリーから出ると、エスパルスドリームプラザのネオンが浮かぶ穏やかな景色が広がり、今までの嵐だったかのようなギャップで、異世界に来たようでした。

それでも、ゴールデンウィークの渋滞に、行きも帰りも巻き込まれずに済んだので、やっぱり利用してよかったと思います!
スポンサーサイト
道の駅「潮見坂」に行くのは、たぶん3回目。

今回は、東名高速を「浜松西」インターで降りて、1時間くらいドライブした後にたどりつきました。

前回、道の駅「潮見坂」に行った時のブログがこちら
道の駅「潮見坂」の公式サイトはこちら

年末で混んでるかな?と思いましたが、駐車場などはほどほどに空いていました。

自分の行動パターンが保守的なので、前回のブログと内容が、ほぼほぼかぶっています(苦笑)

ランチ編

ランチでは、釜あげしらす丼をいただきました。
カウンターやテーブル席など、結構座席は多いのですが、満席。
食券を買って彼が並んでいる間に、ぐるぐるまわって、ちょうど席が空いたので、ラッキー☆

潮見坂 釜あげしらす丼


うずらが2つ。前回のブログで振り返ってみたら、前は一つでした(笑)
しらすは、ふわっふわ。写真では分からないと思いますが、かなりたくさん、乗っています。満足。
柑橘系をきかせた醤油がついています。
お茶は、フリードリンクです。

お土産編

お土産その1 うなぎいも

今回買ったお土産の一つ目は、うなぎいも。

潮見坂 うなぎいも

7本入って、380円(税込)。

実は、駐車場に着いてすぐ目に着いたのが、道の駅の隣に立つビニールハウスに、大々的に書かれた「うなぎいもファーム」。

うなぎいも??

道の駅に入ると、すぐに判明しました。
うなぎのいらない部分を肥料として与えて育てた、さつまいもでした。

うなぎいぬみたいなキャラクターもできてるし、うなぎいも関連の土産がズラリ。

以前来た時は特に記憶に残っていなかったので、よくこの間、ここまで商品開発したなあ、と開発者の心意気に感服。
ここまで揃っていると、何か買いたくなっちゃいます。

お土産用に人にあげられる箱モノのお菓子もたくさんありましたが、私が買ったのは、うなぎいもの実物。

袋には、3か月貯蔵して完熟しているので早めに食べるようにと印字されています。
さつまいもに、完熟があるなんて初めて知ったけれど、なんだか、おいしそう。
それに、7本380円なら、普通に、お買い得だなと思いました。

試食用に置いてあった、うなぎいもの焼き芋を食べたのですが、とにかく甘くて、なんというか…、ベチャベチャ。
「焼き芋」の表示を外し忘れて、さつまいもの甘露煮だったのかなと思いつつ、値段も安いし、もしこれが本当に焼き芋そのものだったら、お買い得だなと思い、買ってみることに。

家に帰ってから、グリルで2本じっくり焼いてみました。

1本目…

ようかんのような甘さ。どう評価するかは、人の好みによると思いますが、ねちょねちょ、べたべた。ホクホク感は全くなし。繊維はあるものの、とろけるようなきめこまやかさ。あれは食べた人じゃないと分からないと思いますが、かじりつくと、クリームのように、つのが立つ。さつまいもというよりは、新種の果物のような。味もようかんのようで、甘すぎるくらい。途中でバターをつけましたが、何もない方がおいしい。きっと、話題の安納芋は、こんな感じなんだろうなと。これが7本で380円は激安。次行く時は、倍以上の値段になっているのでは、と想像しました。
写真を撮ったのですが、誤って消してしまいました…(泣)

2本目…

外側は、1本目と同じ。蜜でべちょべちょ。でも、かじってみると…。

潮見坂 うなぎいも(食べかけ)


内側は、ほくほく。1本目とは、全く違う感じでした。
普通のさつまいもっぽい。
品質にはまだ芋ごとのバラつきがあるのかなあ?
まあ、でも満足です。
次行ったら、必ずリピして買うと思います。
それに、人にあげたら絶対に喜ばれると思う!
実家などへのお土産には、こういうのがいいんだよな~

お土産その2 ロールケーキ

二つ目のお土産は、ロールケーキ。1つ、200円。
車の中で、すぐ食べちゃったので、実際はお土産ではないですが…。

商品ポップには、鎌田實さんが絶賛と書かれていました。
裏の材料を見てみると、うずらの卵と。

スポンジ部分は、黄色が強い感じで、卵が贅沢に使ってあるのかなと思いました。
シフォンケーキのように、フワフワ、シュクシュク。
クリームはきめ細かく。

結構大きかったので、多少値段があがっても、フルーツが入っていると、味に変化があって、いいなと思いました。

潮見坂 ロールケーキ

ほかにも、プリンやいちご大福、焼き菓子系も種類が多かったので、迷いました。
ドライブには、甘いものが欠かせませんよね~


ダチョウ編

潮見坂のもうひとつの楽しみが、ダチョウ。
前はもっといましたが、今日は2匹。

潮見坂 ダチョウ(顔)

ちょうど、他にも見に来ていた人がいましたが、やっぱり、「少なくなってない?」と、消えたダチョウの行方を心配していました。

2匹のダチョウは、檻のすぐそばにいたので、じっくり見つめあえました。

2匹とも、身を寄せ、似たような行動をしていました。
潮見坂 ダチョウ(首たたみ)

首をたたんで、羽づくろいをしたり…。

潮見坂 ダチョウ(後ろ姿)

しばらく見ていたら、2人で去って行きました。


潮見坂は、雰囲気も明るいし、ほどよい広さだし、また、行きたいなと思いました。
12月の土曜日、沼津にドライブに行ってきました。


なぜか沼津港が、カーナビで出てこず、結局、地図表示から探して…。


テレビでもよく紹介される沼津市。
友達や知人でも沼津に行った人は多く、話は聞いていたけれど、思っていたより、すごくにぎわっていました!


歩いてまわれる範囲に、飲食店やお土産屋さんがぎゅっと詰め込まれていて、1日楽しめる感じ。


まずは、ランチのお店探し。


干物、すし、刺身、天ぷら、唐揚げ…
こうして見てみると、魚料理のバリエーションも多い。


海辺の食事処の海鮮って、海鮮丼みたいなのがオーソドックスだけれど、これだけ食事どころが集まっていると、それぞれ個性を打ち出してくるんだなあという感じ。
目移りします。


そんな中で、今まで食べたことがなかった深海魚ランチに決定。
深海魚ランチも、あちらこちらで出ているので、迷いましたが、値段と想像の美味さで選んで…


水族館斜め前の、「港八十三番地」エリアの「漁師天ぷら とらてん」に決定!
港八十三番地のWEBサイトはこちら


先に書いておきますが、この「港八十三番地」エリアの内、6店舗は、沼津港深海水族館の入場レシートで10%割引になるので、水族館に入る予定の方は、先に水族館に入っておくほうがお得。


私たちは、割引制度を知らなかった&お腹も空いていたので、先に食事をしました。


「とらてん」は、居酒屋風のざっくりした雰囲気。
座る椅子は、丸い缶。
テーブルの土台も、ビールの箱を組み合わせてある、飾らない感じ。


私は、深海魚の天ぷら丼 980円を注文。

ほかにも、桜エビ、生シラス、静岡おでん、串揚げ、諸々ありました。


深海魚天ぷら丼


見た目は、それほどパッとしませんが、これでも魚が3匹載っています。
3匹とも深海魚かどうかはわかりません。。。
天ぷらはサクサクだし、身はフワッフワ。
深海魚の名前はわからないけれど、超おいしかった。
一緒に乗っていたなす、しそも美味でした。
甘辛いたれもたっぷりかかっていて、絶妙。


最後まで、サクサク・フワフワの触感を満喫し、飽きずに食べられました。


付け合わせの、あさりの味噌汁には、大きいあさりが、ゴロッゴロ。
自分で煮るとつい熱を通しすぎて、縮んでしまうけれど、こんなに身が大きいなんて。
1杯の味噌汁に、10殻以上入っていたのでは?
メインになれるくらいの存在感でした。


外食すると、ついつい値段と比べて損した気分になることもありますが、今回はこれで980円とは、かなりお得と大満足しました。


その後、店を出ると目の前にある、沼津港深海水族館へ。
沼津港深海水族館WEBサイトはこちら


ずいぶん話題になっていましたが、見ると、1~2軒の土産物屋くらいの大きさで、とにかく小さい。

え、ここが話題の???

と思いつつ、入場。


沼津港深海水族館パンフ


入場料は大人1600円です。


入ると、壁に埋め込まれた小さな水槽に、深海魚が。
解説がわかりやすくて、好感度UP。


タカアシガニやサメのいる大きな水槽、カーテンをくぐり真っ暗な部屋で中で目が光る魚を見たり。
階段で2階へあがると、シーラカンスと、スケルトンの魚の展示。


シーラカンスで、冷凍展示があるのは、世界でここだけだとか。


普通の土日の内の土曜日の昼過ぎだったのもあって、順番に水槽の解説を読みながらじっくり見てまわれました。
1時間もあれば十分まわれる感じ。


最後にグッズショップを通って出口です。
グッズショップは、一度出口を出てしまうと入れないので、買い忘れに要注意。


その後、お土産においしそうな干物を探してまわりました。

途中、1回30分の遊覧船にも誘われたけれど、あまりに寒い気温で、さすがにお断りしました。


いくつか店を見て回りましたが、干物は高い!
スーパーの方がずっと安い!


でも、おいしいのかなあ…
と未練がましく、手の届きそうで、いつもよりおいしそうな干物を探して…


トイレにも入りたかったので、たくさんのお店が入っている、沼津みなと新鮮館へ。
沼津みなと新鮮館WEBサイトはこちら


そこで、出会いました。
自分の希望とぴったりの、安くておいしい干物屋さんと!


脂アジ、2匹500円。すごく大きくて、これなら買ってもいいかも…でも、普通の大きさでも、5匹で700円くらい、小さめなら1匹100円全然切るなあ・・・見た目で何がお買い得なのか全然わからないなあなどと見ていると、お店のお兄さんがいろいろと解説してくれました。


「スーパーの干物は日にちがたつから薬品を使っている、だから生臭さも出る。これは全然臭わないんですよ」と臭いをかがせてくれました。確かに、全く無臭。目をつぶっていたら、目の前にあることに全く気付かないだろうほど。
毎日、朝2時に、職人さんが捌いているそうです。


それに、沼津のあじは栄養豊富な桜エビを食べているから、脂がたっぷり乗っているんだとか。
「見てみて、白いでしょ」と言われたけれど、干物を見慣れていないからよくわからず。
でも、店頭に並んでいる一番小さなアジでも、脂がのっているということ。


いつもスーパーで1匹100円で買っているくらいの、普通の大きさのアジ5匹セットを購入。
せっかくだからと、一番よさそうなのを選ぶよとお兄さんが選んでくれました。


保冷剤を入れてお店の包装紙でくるんでくれました。
ちなみに、お店は、みとも水産さんです。


早速、自宅に帰ってから焼いてみました。


超おいしい!
スーパーのアジの開きと全然違う!


まず、箸が入る感触が、全然やわらかい。
ほっくりという感じ。
皮がパリパリで香ばしい。
(もちろん、焼き方はスーパーのアジの開きと同じで)
焼いてみて、表面の脂ののりが全然違う。お皿がべたべたになるくらい。
アジ!って味がする。
塩加減は、もう少し薄い方が個人的には好きですが、半身の骨の下の部分が絶妙。


何にしても、最高の干物でした。
そして、値段はスーパーより1匹数十円高いくらい。


お店の人も親切だったし、また行ったら、絶対にリピして買います。


沼津をよくある観光地と、侮るなかれ。
私にしては珍しく、非常に満足しました。


まだまだ店もまわりきれなかったので、また行きたいです。

登呂公園の敷地内にこじんまりと建つ「芹沢銈介(せりざわけいすけ)美術館」。
企画展「ふるさとへの思い ~芹沢銈介の日本」を見に行ってきました。


芹沢銈介美術館の公式ホームページはこちら


住 所:静岡市駿河区登呂5-10-5(静岡駅からバスで約12分「登呂遺跡」下車)
時 間:9:00~16:30
休館日:毎週月曜、祝日の翌日、年末年始ほか
観覧料:一般420円、高校生・大学生250円、小・中学生100円


公園の端に、看板が立っていました。


芹沢銈介美術館入口


門をくぐり、通路を進むと視界が開けて…
庭園が素敵!


芹沢銈介美術館庭園


入口でチケットを購入。
値上げ前だったので、410円です。


芹沢銈介美術館チケット


小部屋のスペースごとに意趣が異なり、飽きずに進んでいけます。


平日だったのもあって、ガラガラ。
他のお客さんは途中ですれ違った数人だけ。


でも、小部屋のスペースごとに監視員がいたので、じーっと見られているようで、ちょっと緊張。


展示は、かなり見ごたえがありました。
美術館は狭そうで、中はかなり広かったです。
410円は安い。


デザインは斬新で懐かしい。
とてもおしゃれで、すべての作品がかわいい。
色合いも不思議で、見入ってしまいました。


展示が終わると、最後にお土産ブースがありました。
私はハガキを購入。


芹沢銈介のはがき
1枚ずつ好きな絵柄が選べたのがよかった。

芹沢銈介絵柄の和小物がたくさんあったので、プレゼントにも素敵だなと思いました。


静岡市の久能山の麓は、いちご狩りで有名。
私、いちごは大好きです。


でも、いちご狩りに行くと必ずお腹が痛くなるので、今回はパス。


いちご狩りまでは行かない程度で、いちごを楽しんできました~


今日は、1月4日で、お正月の土曜日。
さぞ混んでいるだろうと思いましたが、午後だったからか、久能山東照宮の真下の駐車場もかろうじて空いていました。


道中にいくつもあるいちご狩り農場の呼び込みの人も、まだまだ呼び込めそうな余裕のある感じ。


思い返せば、去年2月、知多半島のいちご狩りに行く計画を立てましたが、平日も含め1か月先まで予約でいっぱいで、断念しました。
それを思えば、当日思い立ってすぐに行ける久能山のいちご狩りって、やぱりいい。
名古屋や神奈川方面からの車も結構来ていました。


さてさて、今回は、いちご狩りはしないけれど、いちごを楽しむ決意。


久能山東照宮の海側の登り口付近のお土産屋さんを散策します。


まず、そこここで売られていたのが、
「いちご生ジュース」200円


どこも200円なので、好きな売り子さんのところで買えばよし。


その場でミキサーにかけて、紙コップで立ち飲み。


いちご狩りの割高さを考えると、お得!と思って、飲んでみました。
もちろん、いちご100%!


久能山いちご生ジュース



感想としては、100%だからこそなのか、さらさらしていて、なんだか味も薄い感じ。
もちろん食感を楽しめますが、どうもいちごの種の粒粒が気になる。


紙コップ1杯なので、ドライブに疲れた体にもってこいですが、期待していたほどではない感じでした。


次に、商店街のもっとも海側の入り口のいちごショップで売られていたのが、
「いちごミルク」300円


いちごミルクといっても、ミキサーでいちごとミルクを混ぜたものではありません。


直径10センチくらいの丸い透明パックに、いちごそのものがゴロゴロ。
さらに、練乳がかけられています。


久能山いちごミルク


これはおいしかった!


お土産屋さんのいちごのパックは、安くてもだいたい1パック1000円。
それは色や形は抜群にきれいです。


でも高い。


それに詰められない不揃いで、色や形の悪いものを、売っているのでしょう。


規格外の割安いちごです。


なので、1月にしては小ぶりで、色も薄いのも混じっていましたが、さすが、本場という感じ。
小ぶりですが6~7個入っていて、甘くし、ベンチに座っているだけで、簡単にいちご狩りができた満足感。


ポップには、「たっぷり練乳」と書かれていましたが、それほどでなかったです。
でも、全部のいちごの周囲につけて食べても、余るくらい。


これはオススメできます。



ほかには、
東照宮への参詣の道が始まる入り口のお店で
「いちご生クリームサンド」120円や、
見た目もかわいい「いちごゼリー」
なども、その場で食べられる感じで、売られていました。


その前で、お腹いっぱいになってしまったので、今回は食べませんでした。


そして、いちごのお土産。


あちこちのお店で売られていたいちごお土産は、
「手作りいちごジャム」700円


基本形は、12センチくらいの丸い透明パックに詰められたパターン。
売っているお店は違うのに、パッケージが同じなのは、組合などの関係?


「今日の朝作ったばっかりだよ!」など、手作り感満載で、お店の人も一押しという感じでした。


同じパックで650円で売っているお店や、瓶詰少量で500円くらいのジャムも売られていました。
また、賞味期限も1か月くらいのものから、結構長いものもあったので、少し散策して、選んでもいいのかなと思います。


私は、基本形の丸いパックジャムをゲット!


明日の朝、トーストにつけて食べるのが楽しみです☆






広告

最新記事

カテゴリ

FC2カウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。